おしらせ

2017年11月13日(月曜)臨時のお休み をもらいます!!

骨盤矯正はしないのですか?

「骨盤矯正はしないのですか?」

と尋ねられれば、

「もちろんします」

です。

けれども、
みやざき鍼・灸では
“骨盤矯正”を
単品のメニュー
として扱っていません。

あくまで、
“整体”の一部の技術として
全体を診ながら、
そのバランスの中で使われます。

つまり、
整体と呼ぶ一群の技術の中から
より効果がありそうな方法を
優先的に行っていくよ
―ということです。

または、
骨盤矯正に出番が
回ってきた時には、
ちゃんとするよ
―ということです。

その患者さんにとって
役立ちそうな
整体ランキングの中で
上位にランクインして
いれば普通に使います。

けれども、
骨盤が歪んだり
ひずんだりしていても

腰の歪みがメインで
骨盤は二次的に影響受けている
だけならば、
腰の方を優先して
行います。

股関節や足首(足関節)を
優先的に行うことも
沢山あります。

首や肩~胸が
傾いて固まって
しまった結果
骨盤が歪んでいるなら
上半身を優先することも
かなりあります。

もっと言えば、
関節の歪みだけの問題では
ないことも
沢山あります。

内臓下垂や
冷えや浮腫み
うっ血なども
関係が強いことも
多いのです。

つまり、
「気血」の
問題として
考える必要もあるのです。

その時には、
整体だけではなく、
鍼や灸
自宅での養生と
いったものも
選択肢の中に
いれて検討されます。

「からだ」全体から
骨盤に影響が出て
歪んでいるなら
骨盤矯正で
骨盤だけ矯正しても
あまり役立ちません。

一時的に
症状が取れても
再び歪んできて
症状がぶり返して
くることがほとんどだからです。

では、
“骨盤矯正”の出番は
あんまりないのか?
というとそうでもありません。

症状を一時的に減らして
時間かせぎする時です。

腰痛や生理痛などは
骨盤の歪みをゆるめて
あげると痛みが
かなり減少します。

痛みが減少している間に
骨盤以外の本質的な部分に
手が届くようになっていくことを
狙ってするのです。

このようなケースでは、
骨盤じたいが大元ではないので、
姑息な手段と言えるかもしれません。

けれども、
痛みや症状を取ったり
和らげたりすることで
生活や未来に対する希望が
増えたり
養生に対する
モチベーションが上がったり
するのが大切な時が
あります。

希望やモチベーションが
上がることによって
骨盤が歪む大元である
生活の仕方や運動不足が
改善していくことが
あるからです。

もちろん、
反対に振れることも
沢山あります。

「骨盤矯正したら
痛みがなくなったあ~」

その結果、

「もう治ったから
いつも通りの生活が
おくれる!」

となり、
骨盤が歪む大元には
触れずじまいに
なることです。

私たち鍼灸師から
みれば残念ですが
最後は、ご本人さんの
価値観の問題です。

運良く、
痛みが再発しない
好循環の流れに
偶然はまるのを
願うばかりです。

では、
骨盤矯正が主役になる
ような場合はあるの
でしょうか?

あります。
次のようなケースです。

一時的な骨盤のズレ・歪みが
全面に出ている場合です。

①転んだり打ったりして骨盤がズレている場合
②生理前~生理中にかけて骨盤が弛み、そこからズレてしまった場合
③妊娠~出産にかけて骨盤が弛みます。この時にズレる場合

以上、3つのケースです。
①は男性もありえますが、
②③は女性特有のものです。

この場合、
骨盤矯正が絶大な威力を
発揮したように
感じられます。

「何ヵ月も続いていた
腰~お尻の痛みが
一回でキレイに
なくなってん」
「その後も
ずっと快調やねん」

と言われる方が多いケースです。
けれども、
このような、
骨盤のズレ・歪みと
痛み・症状が

【原因→結果】

という一直線で
つながるような
単純なケースは
それほど多く
ありません。

このような
単純な一直線の
ラインを
たどれるということは
ラッキーなことです。

まだ、
「からだ」は入り組んだ
迷路に入りこんでいないのです。
だから、
骨盤矯正をして
簡単に治ってしまった時ほど、
軽くみないで
欲しいのです。

「からだ」が
私達の気付かない内に
やっている沢山のことに
気付くチャンスにして
欲しいのです。

(※技術を使う際の
ランキングの順位付けには
患者さん本人の精神状態や
家庭や仕事場の状態まで
含んでいます。
理屈だけで、
施術方法を決める
単純なことはしません。

つまり、
相談しながら
決めます。

なぜなら、
患者さん自身の考え方や
気持ちというものも、
大きな枠から見れば
病や健康という状態を
形作っている重要な要素
だからです)