花粉症

花粉症

花粉症は西洋医学の世界では、花粉とそれに応対するアレルギーの問題として語られています。
こんな具合です。


①スギやヒノキといった花粉が空気中に飛散し、それが風等にのって人間の居住空間まで届く。
②花粉が鼻や目の粘膜に接触・侵入すると、私達の体は花粉が異物(アレルゲン)かどうか判断します。
③体が異物と判断しなければ素通りさせるのですが、異物(アレルゲン)と判断すると「IgE抗体」という物質を作ります。
④抗体が出来ると、花粉の侵入をキッカケに、鼻や目の粘膜にある脂肪細胞の表面にIgE抗体が結合します。
⑤IgE抗体に結合された肥満細胞はそれをシグナルとして、ヒスタミン等の化学物質を放出します。
⑥これらの化学物資は、目や鼻の粘膜を浮腫ませて涙や鼻水を出します。
⑦この反応は、異物を排除する(花粉を洗い流す)働きが過剰に反応したもの(アレルギー反応)と考えらています。

確かにこの説明も間違いではありません。。この範囲で見ていると花粉が原因であり、アレルギー反応がその機序となります。
けれども、これだけが全てではありません。この説明には外側があります。アレルゲン―アレルギー反応が起こってしまう土台を問うような考え方です。


なぜ、普通は異物とは考えにくいありふれた花粉がアレルゲンになってしまうのか?
花粉を受け止める私達の体の状態によって左右されるのではないだろうか?
もしそうなら、どんな時に花粉は異物(アレルゲン)扱いされるようになるのだろう?
もしかすると体の状態を変えていくことによって、花粉は異物ではなくなるのではないだろうか?
等々です。

東洋医学は実際そのように考えます。
花粉は単なるキッカケであり、そのアレルギー反応が起こる前より、体に「未病」を溜めこんでしまっていることこそが問題と考えているのです。
アレルギー反応が起きやすい体が準備されているので、ごくありふれた花粉が異物になってしまいアレルギー反応が起こると考えているのです。
一見、原因のように見える花粉―免疫反応のさらに奥に疲弊して疲れを貯めた「からだ」を見つけるのです。

そして、その治療の根本は溜まった疲れ・歪み・淀みを解消していく「養生」ということになります。

東洋医学から見た花粉症の根本は「からだ」に溜まった水毒痰飲です。
水毒とは、淀んだ水です。本来、体の中の水分は隅々を循環しています。循環しながら細胞を潤し栄養を運び、老廃物を回収して集めて体の外へ排出しています。
けれども、循環が止まると水が淀みこういった生理機能を果たさなくなります。この淀んだ水には、古くなってしまった栄養が変性したり、老廃物が排出されずに溜まったりしています。
こうなったしまった水は、もはや体にとっては害をなすものになってしまいます。
この害をなすようになってしまった水を「水毒」とか「痰飲」とか呼ぶのです。
花粉症の起こる背景には、この水毒・痰飲が鼻・眼の粘膜を中心に頭全体に溜まった状態があります。普段は症状がないので自覚は持ちにくい状態です。(これを“未病”と言います)
そこへ花粉が飛来して粘膜に接触するというキッカケにより鼻水・クシャミ・目の痒みという症状が現われてくるのです。
このように考える東洋医学的な解決法は、

≪この目・鼻・頭に溜まった水毒・痰飲を減らしていく≫

という方法になります。

水毒を減らしていく方法として大きく分けて二つあります。

1)溜まった水毒を排出していく
2)新しい水毒が発生しないようにしていく

もう少し具体的に書くと
Ⅰ)淀んだ水が溜まった水路を整備して通りやすくする

・・・・アゴ・首の歪み取り、大小便を出す、発汗を促す
鍼灸で水の動きを促す
整体で歪を戻し流やすくする
などなど
Ⅱ)余分な水の発生源である臓腑を整える

・・・・脾胃、心肺、肝腎等を整える
鍼灸で自律神経を整え内臓の働き・バランスを整える
整体で内臓に負担のかかる姿勢を解除する
などなど
Ⅲ)生活を整えて水が溜まらない「からだ」を整える

・・・・冷え対策、食事養生、体操、灸、整体など

となります。
当院では、これら全ての対策をマニュアル式に行うのではなく、
一人ひとりの状態を診察・観察し、重要度を測りながら優先順位を定めてメリハリを付けて行っていきます。
同じ花粉症でも、水毒・痰飲の発生の仕方は様々です。メリハリを付けることによってそれら違いを浮き彫りにします。
当院では、それら一人ひとりの違いを探りだし、もっとも負担の少なくなるような施術プラン・養生プランを作成して行います。

気軽に電話でご相談下さい!
0798-26-9117

・電話相談は無料です。
・治療や施術についてもっと詳しく知りたい等
・雰囲気等を知りたいなど、出来る限り丁寧にお答えいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加