2015-10

未分類

アゴまわりから全身へ:動悸、息切れ、胃腸障害、立ちくらみ

アゴまわりの解剖図を覗いてみると、 アゴとクビの間あたりを、 迷走神経、三叉神経、顔面神経、舌咽神経、副神経といった脳神経が 通りぬけていくのがわかります。また迷走神経は巨大な自律神経でもあります。 また、頸椎の横突起の中を突き抜け...
タイトルとURLをコピーしました