鍼・灸・整体・養生

御予約・お問い合わせはこちらへ
0798-26-9117

・施術について

現在、私達は様々な治療法を受けることが出来ます。
しかし、
最も重要なことは、「その治療法が、その人の今の状態に合致しているかどうか?」ということです。
そのため、一つの治療法を私は特別視しません。
全ての治療法には、一長一短があります。

長所/短所を考えながら、その人にとって、その時ベストと思われる方法を選んでいきます。
当院では鍼・灸・整体・養生と4種類の施術を用意してます。
この4つ方法の中から、その人に合わせて方法を選んでいきます。
この4つ方法は、準備するものが少なく小回りがききます。そして微調整することによって応用がきき様々な疾患・症状に対応していくことが出来ます。

小回りがきくことの長所は、
『その時その時の状態を確認しながら微調整出来る・応用がきく』ということです。

刺激が強すぎて、しんどくなりそうなら弱めます。
病の治癒が早すぎてバランスを保ちにくい場合は、スピードを落として施術の効果を弱めます。
体の状態が変化して、症状の種類や出方が変わると、
刺激の方法や場所を変えて対応します。
刺激が不足していて、治癒が進まない時は、刺激量を増やします。

反対に短所は、
『身体の変化を観察できなければ、微調整出来ない・応用がきかない』ということです。
微調整するためには、身体の反応を小まめにチェックし、「からだ」の変化に耳を傾けることが出来なければいけません。
東洋医学は長い伝統を通じて、「からだ」の声を聴く技術を蓄えています。これを使い、短所がせり出してくるのを防いでいきます。

まとめると、
どの施術をどの程度行っていくのかは、
「からだ」の変化を細かく観察することで、細かく対応していくことになります。

細かい対応の中には、
施術に対する患者さん自身の精神的な受け止め方も含みます。精神・心の状態は体を大きく変化させます。
患者さん自身の感じ方や人生観等も施術の微調整に反映されていくことになります。

・鍼

みやざき鍼・灸 鍼の画像

鍼の長所は

急所(ツボ)をピンポイントで細かく狙えることです。

短所は

難しいことです。

ピンポイントで狙える分、ほんの少しのアプローチの違いで大きな差がでます。
当院では、繊細な指先で探ることによって、ベストなポイントが狙えます。

使う鍼は、和鍼という鍼が多いです。中国針と違い痛みを感じることはほとんどありません。日本人に合わせて発展してきた弱い刺激で微調整がしやすい鍼です。 当院では、3~6か所くらい指すだけで終わることが多いです。
子供用の小児鍼を、大人にもよく使います。小児鍼は刺さないで皮膚を刺激することに使います。
場合によっては中国鍼のような強刺激になりやすい鍼も使いますが、使うことは多くないです。
全体的に、弱刺激で、使う本数の少ないです。それで充分なことが多いからです。

・灸

灸_みやざき鍼・灸 画像

灸の長所は、

温める力、補う力が強いことです。体が、弱った人、冷えた人に活力を与えます。
また、扱いが容易で効果が安定しやすいので、患者さん自ら自宅で行うことが出来ます。

短所は、

痕が残りやすいということです。
あと、火を使うので後始末等に気を使うということです。

・整体

みやざき鍼・灸 画像

私は重力に対する身体のバランスを取る方法を、全てひっくるめて整体と呼んでいます。
西洋医学的な単純なストレッチ・筋トレも含みます。
自力で行う体操や操体法や深呼吸も入っています。
関節の動きを微調整するような手技も整体に入れてます。
要は、目的に沿った使い方が出来れば何でも整体と呼んでます。

長所は、

結果・効果がわかりやすいことです。痛みが緩んだり取れたりするのが比較的簡単に出来ます。

短所は、

その場限りの施術になりやすいということです。痛みが取れた、症状がなくなったという結果のみに満足して、「からだ」を機械の部品のように思う心を助長しやすいということです。身体のバランスの崩れは生活全体のバランスの崩れからきたものです。本当の病の種を放置したままになりやすくなります。

これは、長所の裏返しです。
簡単に結果が出やすい分、自らの生活や感覚を顧みずに済ましてしまい、
同じことの繰り返してに陥りやすいということです。

・自宅での養生

これこそが【東洋医学のエッセンス】であると私は思っています。
エッセンスといっても、別段、特別はしません。
どこかで聞いたことのある健康法と似たものを、いくつか選んでするだけです。
本当に大切なのは、その健康法が自分に合っているのか合ってないのかを
みずから自分の「からだ」に訊ねて確かめていくというプロセスにあります。

養生の手順を説明します。
来院時に当院の施術を受け、身体を観察し、相談しながら、養生の内容(実践する健康法)を決めます。
自宅に帰宅してから、健康法を実践してもらい、「からだ」の変化を感じてもらいます。
次の来院時に結果を報告し、再び身体を観察し、健康法の結果を評価します。
その結果をフィードバックして再度相談し、方法を変更したり、内容を微調整したりします。
これらの過程を繰り返していると、みずからの「からだ」に詳しくなり身体が良い方向へ変化していきます。

実践する健康法は、お灸や体操・整体といったものです。
また、姿勢、寝方、風呂、食事等と関係がありそうで、使えそうなものは何でも使います。
だからといって、修行のような生活をすることではありません。
ピックアップした健康法を実践してもらい、その反応を自分で感じてもらうということです。
自分自身がどういう感じを抱いているかということを丁寧に感じながら取捨選択していくということです。
言い直すと自らの生活を振り返り、もう一度生活を選び直すということです。

長所は、

よく効くというだけでなく、他の病の予防にも繋がっていくということです。

短所は、

継続して行うある程度の意志が必要であるということです。
(強い意志である必要はありませんが継続性が必要です。)

御予約・お問い合わせはこちらへ
0798-26-9117
  • このエントリーをはてなブックマークに追加