「からだ」の声を聴こう!

「からだ」の声を聴こう

トップ > 「からだ」の声を聴こう

御予約・お問い合わせはこちらへ
0798-26-9117

自らの五感で「からだ」の変化を感じること少し出来るようになってくると、
自分の身体は、見知らぬ自分であるという感覚が湧いてくるようになります。
この見知らぬ自分は、素直に言うことを聞いてくれません。
もっと食べたいと思っても、この見知らぬ自分は「食べたくない」と言ってたりします。
もっと頑張れるはずと自分では思っていても、この見知らぬ自分は「もうダメだ」と言ってたりします。
無理に言うことを聞かせようとすると、何倍にもして仕返しをして来たりします。
反対に、自分ではもう駄目だと思ってるときに、「ちょっと違うやり方なら頑張れるよ」と言ってたりもします。
また、自分が知らなかった感覚や感受性を持っていて、突然新しい景色や世界を見せてくれたりします。
このような自分が知らない自分の意見を「からだ」の声と私は読んでいます。
この「からだ」の声を聴いて、2人?で相談しながら動くとき、身体は最も良い状態で動くことができるのです。

体の変化に気付く

「からだ」の声を聴くためには、身体の変化に気付く必要があります。
たくさんの身体の変化がまとまって感じられるよになると、それらが、同調して新しい身体の感覚を開きます。
新しく開かれた身体の感覚は、一つの別の生きものの息吹を感じさせます。
私はこれを「からだ」と呼んでいます。

まずは自分で感じることが出来そうな具体的な身体の変化を感じてみましょう!

脈はどうでしょう?
呼吸はどうでしょう?。
手足の冷えはどうでしょう?
姿勢はどうでしょうか?

それらはどんな時にどんな風に変化するのでしょう?

精神的なストレスがかかった時は?
眠たい時は?
心が軽い時は?
食べすぎた時は?
運動した時は?

どんな風に変化したでしょうか?

こういった感覚に親しんでくると、【「からだ」の声】と呼びたくなる私の気持ちがわかってもらえると思います。

御予約・お問い合わせはこちらへ
0798-26-9117

  • このエントリーをはてなブックマークに追加