• このエントリーをはてなブックマークに追加

西宮市の≪はり・きゅう・マッサージ施術費補助券≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みやざき鍼・灸~阪神 西宮 鍼灸院~では、
満70才以上の西宮市民を対象とした、

はり・きゅう・マッサージ施術補助券
リンク
西宮市の《はり・きゅう・マッサージ補助券》の画像

を使うことができます。

使い方は、
一回に付き1枚づつです。
言い換えると、
1000円分を1回ごとに
使うことができます。

つまり、
当院で初診時なら、
大人10000円のところを

9000円+補助券1枚

です。

再診時なら
大人4000円のところを

3000円+補助券1枚

で当院を受けることができます。

注意していただきたいのは、
一度に複数枚を使うことは、
禁じられていることです。

例を上げると

補助券4枚と0円

で大人4000円分の使用は
ダメだよと市役所の方から
禁止されているということです。

このような、
鍼灸を使いやすく
してくれている仕組みは
他の自治体には
あまり多くありません。
経済的な負担と仕組みを
負ってもらっている
西宮市に感謝しつつ、
私達(市民や鍼灸師)は、
この仕組みを濫用して、
ダメにしてしまうのを
防ぐ義務があるように思います。

ご理解を
どうぞよろしく願い致します。

ところで、
当院は、
国民健康保険等の保険は
取り扱っていません。

これは、
国の定めたルールどうりに
鍼灸を使用すると
非常に制約の多いものになるからです。

例えば、

五十肩という病名を
医師にもらって許可がおり、
手続きを踏むと一定の枠内で
保険を使うことが出来ます。
けれども、
ただの肩こりでは
保険を受けることは出来ません。

(“肩こり”は
一つの大切な未病の現れ
である
にもかかわらず!)

これらの制約は、
未病”という隠れた
淀みや歪みを対象とする
鍼灸の高度な技法に、
あった制約ではありません。

これらの制約を気兼ねせずに
鍼灸の100パーセントの力を
引き出して使うためには、
保険適用外で
行うのがベストなのではと
私は考えています。

対して、
西宮市の用意する
≪はり・きゅう・マッサージ施術補助券≫
は、鍼灸に対する制約はありません。

鍼灸の能力を発揮するのを
邪魔しない仕組みだと私は考えています。

●対象者
4月1日現在、満70歳以上で西宮市に住所を有している方

という条件を満たしている方は、
ぜひ下記の窓口に問い合わせた上で
手続きをして
交付を受けて下さい。

西宮市役所本庁舎 1階の高齢福祉課 0798-35-3150→リンク
又は、各支所等→リンク

  • 鳴尾支所 鳴尾町3丁目5-14 0798-47-0101 (月~金)9:00~17:30
  • 瓦木支所 瓦林町8-1 0798-67-5132 (月~金)9:00~17:30
  • 甲東支所 甲東園3丁目2-29 アプリ甲東3階 0798-51-2681 (月~金)9:00~17:30
  • 塩瀬支所 名塩新町1 塩瀬センター1階 0797-61-0521 (月~金)9:00~17:30
  • 山口支所 山口町下山口4丁目1番8号 山口センター 078-904-0395 (月~金)9:00~17:30
  • アクタ西宮
    ステーション 北口町1-1
    アクタ西宮西館3階 0798-65-6930   (月~金)9:00~19:30
    (土・日・祝)9:00~19:00
    ※土・日・祝は平日と取扱い業務が異なります)
  • 夙川市民サービスセンター 羽衣町7-30-124
    夙川グリーンタウン1階 0798-35-8181 (月~金)9:00~17:30
  • 上甲子園市民サービスセンター 甲子園口3丁目9-3 0798-67-7080 (月~金)9:00~17:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加